〜病院の徒然日記〜



プロフィール

ねこ まっしぐら

Author:ねこ まっしぐら
~スタッフ紹介~
:犬世話係。なめられてます。噛まれます。踏まれます。。

:ちゃぼ 12歳(猫♂)
  年老いてますます元気。いつもソニアに狩られています。

:ソニア 9歳(♀) 
  クリームのサルーキーです。縁があって我が家に来ました。  完全無欠な女王様・・

:うるは 7ヶ月(♂)
  グリズルのサルーキーです。
  先代クレハの弟分として、今後供血犬として頑張ります!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


後ろ足が動きません・・
こんにちわ。久々の更新です!
そろそろ九州の方は梅雨入りのようですね。この心地よい気候がずっと続いてくれたら最高なのですが。。

病院の方はワンちゃん達の予防シーズンも一段落し、穏やかな雰囲気が漂い始めました!



さて久々に、ある怖い病気のお話を・・


今回ご紹介するのは、ミニチュアシュナウザー14才の男の子

糖尿病、副腎皮質機能亢進症、僧帽弁閉鎖不全症、膵炎などなど、、
大変な病気をたくさん抱えており、これまでに何回も危機的な状況を乗り越え奇跡の復活を遂げてきた、頑張り屋のワンちゃんです。


先日、突然後ろ足が立たなくなってしまったと来院。


身体検査をすると、確かに両方の後ろ足に全く力が入らない様子。
内股付近を触ってみると、普通なら股動脈の拍動をドクドクと感じるはずが全く確認出来ず・・
足先は冷たく、つねってみても痛がる反応はありませんでした。


ここまでの症状でほぼ病気の原因は分かりましたが・・
確定診断のためにお腹の超音波検査と血液検査を実施


脇腹あたりから超音波をあててみると
new_IMG_0963.jpg

左に見える黒い線状のものは腹部大動脈という、下半身に血液を送るための太い血管
そのまま右側の方に追っていくと・・途中で白いものが詰まっているのが分かります。
想像していた通り、後大動脈血栓塞栓症という病気でした。



みなさん、血栓症という名前は一度は耳にしたことがあると思います。

血栓症とは、血管内に栓子(血餅や組織など原因はさまざま)が閉塞する病気で、その発生にはさまざまな原因が関係すると言われています。
よく耳にする脳梗塞や心筋梗塞なども同じ種類のもので、詰まる場所により症状も異なってきます。


今回閉塞したのは後大動脈という後躯に血液を送るとても大切な主要血管で、もしこの虚血状態が長く続けば腎不全や後肢の壊死など重篤な状態に陥る可能性も考えられます。
猫ではよく眼にしますが、犬では比較的珍しい病気です。


動物の場合、人と同じような確立した治療法は少なく、対症的な治療や人と準じた方法で治療を行うことが一般的です。


飼い主様に危険な状況であることをお伝えし、治療についてよく相談した結果、血栓溶解剤を使用することになりました。

アクチバシンというお薬です
new_IMG_0959.jpg


ただし、この薬にはいくつかの欠点もあります。
・非常に高価であること ・血栓を溶かす確実性はないこと ・出血傾向がおこる可能性があること ・ヒトの組換え製剤であるためアレルギー反応を起こす危険性もあること などなど


点滴治療中・・血栓が溶けるといいね
new_IMG_0962.jpg


翌日・・・
股動脈の拍動が触れるようになりました!!尿もたくさん作られている様子です!!

たくさんの病気も抱えているし、そしてまだ後ろ足の動きは非常に悪いですが・・・
頭が下がるほど真面目に治療に付き合って下さる飼い主様のためにも、今後少しでも普通の状態まで歩けるようになってくれることを切に祈ります(^_^)


ジョックさん!ママ達のためにも今後も通院治療&リファビリ頑張っていこうね(^-^)




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。