〜病院の徒然日記〜



プロフィール

ねこ まっしぐら

Author:ねこ まっしぐら
~スタッフ紹介~
:犬世話係。なめられてます。噛まれます。踏まれます。。

:ちゃぼ 12歳(猫♂)
  年老いてますます元気。いつもソニアに狩られています。

:ソニア 9歳(♀) 
  クリームのサルーキーです。縁があって我が家に来ました。  完全無欠な女王様・・

:うるは 7ヶ月(♂)
  グリズルのサルーキーです。
  先代クレハの弟分として、今後供血犬として頑張ります!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タッチ君の初仕事!
こんにちわ。
あと数日で2016年を迎えます。なぜか今年は全く年の瀬の実感が湧かず・・不思議な気分です。




さて、1週間ほど前から入院中のサスケちゃん6才。。
食欲がないということで来院されましたが、検査にて重度の貧血が認められました。


様々な検査を行ったところ、貧血などの原因として骨髄に問題がありそうということが分かりました。
骨髄生検を行い、更なる追求を行う必要がありそうです。


しかし、貧血の状態から麻酔の危険性が高いと考えられたため、タッチ君から血液をもらい輸血を行うことにしました。

まずはそれぞれの血液型を確認。ともにA型だったためまずは第一関門通過!!

new_IMG_0701.jpg


続けて、クロスマッチ試験という、それぞれの血球と血清を混ぜ合わせて凝集反応が起こらないかの検査を実施。
こちらも問題はなく、無事に輸血が行えることになりました。



タッチ君・・初の採血に心なしか緊張気味(-_-;)


大人しくしている子であればそのまま行うのですが、残念ながらタッチくんは我慢が出来ない子なので・・・
軽い鎮静処置を行い、いざ採血!

new_IMG_0702.jpg



無事に採血完了!!そのままサスケくんへ輸血を開始。
血液型が合っていても副作用が出る可能性があるため、輸血中もしっかりモニタリングを行い異常がないかをしっかり確認します。


どんどんお鼻の色がピンク色になっていきます(^_^)

new_IMG_0705.jpg


輸血が完了し、続けて麻酔下での骨髄生検!
併せて、今後の食事管理のために食道チューブを設置しました。

採材した骨髄は専門医の先生へ病理検査を依頼し、結果を待つことに。



翌日のお食事風景。
しっかり栄養をとって早く元気になってね・・

new_IMG_0713.jpg




ワンちゃんネコちゃんでも、人と同じように血液疾患や免疫疾患が多く認められます。
病気にもよりますが、ご自宅で気づくことはなかなか難しく、健康診断などで偶然発見されることも多い疾患です。

定期的な健康診断が何より大切です!
早めに治療すれば助かることも多い病気なので、苦しい思いをさせる前にきちんと健康管理をしましょう(^_^)


サスケちゃんの病気の原因が分かり次第、また皆様にご報告致します!


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。