〜病院の徒然日記〜



プロフィール

ねこ まっしぐら

Author:ねこ まっしぐら
~スタッフ紹介~
:犬世話係。なめられてます。噛まれます。踏まれます。。

:ちゃぼ 12歳(猫♂)
  年老いてますます元気。いつもソニアに狩られています。

:ソニア 9歳(♀) 
  クリームのサルーキーです。縁があって我が家に来ました。  完全無欠な女王様・・

:うるは 7ヶ月(♂)
  グリズルのサルーキーです。
  先代クレハの弟分として、今後供血犬として頑張ります!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


喉に何かが詰まった!?
こんにちわ。

とうとう12月に入りました!あと1ヶ月で新年・・なぜか全く師走の慌ただしさが感じられずのんびりムードです。。


さてさて、先日いつも当院によく遊びに来てくれるポメラニアンのシャルルちゃんが来院されました。
(お母さんがそれはとても綺麗で・・わたくしいつも緊張してしまいます。。)

夕方頃から間欠的に吐きたそうな素振りを繰り返しているとのこと。
よくお話をお聞きすると、症状が出る少し前に小さなリンゴを与えたというお話でした。


造影剤を飲ませてレントゲン検査を行ってみると、心臓の上の付近に造影剤が少し溜まっている像が認められました。
明らかな閉塞物は確認されないものの、食道の運動性は低下している様子。。

new_長谷川シャルル食道



飼い主様には現時点で閉塞を起こしている可能性は低いものの、症状が続いていることもあり、入院管理下で一晩経過を観察することにしました。


翌日、再度レントゲン検査を行うと、前日に溜まっていた造影剤はきれいに流れておりました。また症状も徐々に落ち着き、朝には吐きたそうな様子もなくなっていました(^_^)

new_シャルルPOST


画像検査および経過から、やはり一過性の食道障害の可能性が考えられました。
きっかけとなった原因の追求は難しいところですが、、とりあえず大事にならず良かったです♪


元気に退院!!
new_IMG_0693.jpg



皆様、もしご自宅で同じような様子を発見したら、食道閉塞など緊急状態に陥っている可能性もありますので、急いで病院を受診して下さいね!


また、ご自宅でおやつを与える際、ワンちゃんねこちゃんの体格に合わせたものをお選びください(^_^)

私自身が飼い主様にお勧めしているのは、クッキーやぼうろなど、もし詰まったとしても崩れやすい小さなものです。
太りやすい子はダイエット用のビスケットなどを小さくして与えるのもお勧めですね♪
ご参考までに(^_^)

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。