〜病院の徒然日記〜



プロフィール

ねこ まっしぐら

Author:ねこ まっしぐら
~スタッフ紹介~
:犬世話係。なめられてます。噛まれます。踏まれます。。

:ちゃぼ 12歳(猫♂)
  年老いてますます元気。いつもソニアに狩られています。

:ソニア 9歳(♀) 
  クリームのサルーキーです。縁があって我が家に来ました。  完全無欠な女王様・・

:うるは 7ヶ月(♂)
  グリズルのサルーキーです。
  先代クレハの弟分として、今後供血犬として頑張ります!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たらこ唇(・ε・)
こんにちわ。

先日来ご院されたクロちゃん。とっても美人な白黒の女の子!

でもお口が痛々しい姿・・たらこ唇状態です(*_*)

new_IMG_0334.jpg

new_IMG_0335.jpg
 クロちゃん、写真を撮られるのが好きだそうです♡

この病気、実はネコちゃんによく起こる病気・・
好酸球性肉芽腫症候群、別名「無痛性潰瘍」ともいいます。
こんなに唇が腫れ上がっていますが、実はあまり痛みは少ないようです。

参考までに・・・


好酸球性肉芽腫症候群

代表的な病型は3種類ありますが、それぞれ症状が異なります。


無痛性潰瘍(むつうせいかいよう)では、おもに上唇や上あごに赤褐色で光沢のある潰瘍病変がぽっこりと
 できます。
 境界は明瞭で、病変部の周囲は少し盛り上がって、その中心部はややへこんで白っぽく壊死していることが多く
 ときに出血することがあります。
 無痛性潰瘍の見た目は大変痛々しいのですが、通常、痛みやかゆみは見られません。
 これはメス猫に多く見られます。


好酸球性プラーク(好酸球性局面)は、おもに腹部や内また、脇の下、首、指の間に病変が見られます。
 病変部にはかゆみをともなった脱毛と紅斑(皮膚の赤み)があります。境
 界がはっきりしないびらん(ただれていること)を生じることもあれば、境界のはっきりした大きな局面
 (皮膚の異常な盛り上がりで、表面は平らな病変)が多数できることもあります。


好酸球性肉芽腫は、おもに太ももの後ろ側や腹部の横側、前足の外側などに病変が見られるタイプ
 (線状肉芽腫)口の中に大きな肉芽腫ができたりするタイプがあります。
 線状肉芽腫はその名の通り、一直線の線状病変で、紅斑と脱毛、フケが見られますが、かゆみはほとんど
 ありません。これは生後半年から1歳齢頃に見られます。
 口の中に好酸球性肉芽腫ができるものでは、食べ物や水が飲みにくいといった症状が見られることがあります。
new_好酸球性肉芽腫症候群

・原因
  アレルギーやウイルス、細菌などの感染、寄生虫や蚊による虫さされの過敏症、自己免疫系疾患、遺伝的要因
  などが関与している可能性が考えられています。

・治療
  好酸球性肉芽腫症候群にアレルギーが関係していると考えられる場合は、原因と推測されるものを除去します  また、対症療法として合成副腎皮質ホルモン剤や免疫抑制剤の投与を行ったり、レーザー療法、外科手術など
  が用いられる場合があります。

中には完全に治すのが難しい子もいますが、多くはお薬に反応して元の状態に戻ることが出来ます!


ネコちゃんの皮膚に「ただれ」を見つけたら、すぐに病院で確認しましょうね(^_^)
 *ちなみにワンちゃんにはほとんど認められない病気です。ワンちゃんの皮膚のただれは多くの別の原因が考えられます。併せて病院でチェックが必要です!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。