〜病院の徒然日記〜



プロフィール

ねこ まっしぐら

Author:ねこ まっしぐら
~スタッフ紹介~
:犬世話係。なめられてます。噛まれます。踏まれます。。

:ちゃぼ 12歳(猫♂)
  年老いてますます元気。いつもソニアに狩られています。

:ソニア 9歳(♀) 
  クリームのサルーキーです。縁があって我が家に来ました。  完全無欠な女王様・・

:うるは 7ヶ月(♂)
  グリズルのサルーキーです。
  先代クレハの弟分として、今後供血犬として頑張ります!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


輸血のネコちゃん
こんにちわ。


ご存じの方も多いと思いますが、、
週に1回、今でも開業前に勤めていた川口の夜間救急動物病院へ勤務にいっております。


先日、院内で可愛いにゃんこ達と対面!
輸血のために働いてくれる新しい子にゃんこさんです!

new_IMG_1084.jpg



動物の場合は人間と同等のレベルの輸血バンクがないため、血液が必要になった場合は血液型の適合を検査し、採血からそのまま輸血処置を行います。

血液型が合わない場合もあるため、適合検査は非常に重要です!


ちなみに、、当院では猫ならタッチ君から、犬なら我が愛犬のうるは君から採血を行います(^_^)


こう見えて・・一応お仕事猫なのです♪

new_IMG_0963.jpg



1才過ぎたのでもう大丈夫♪
new_IMG_1024.jpg

new_IMG_1085.jpg


そんな処置が必要になる状況にならないことが一番大切なのですが、、

今後、更なる動物医療の発展ならびに輸血システムの構築が進むことを切に願っております!


スポンサーサイト

眼科のお勉強
こんにちわ。


まだ勤務医をしている頃からずっと続けている眼科の研修医。
まだまだ学ぶことがたくさんあって、行くたびに本当に奥が深いなと思っています。

開業してからもつい月に1回、病院を空けて行くのは心苦しいのですが・・皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ないと思っております(>_<)


今月の二次診療では眼の外科手術を行いました。

緑内障のコントロールが困難なワンちゃんの眼球を入れ替える手術・・シリコンボールインプラントです。

一般の外科と異なり、外科器具も特殊なものが揃っております。


ライトが付いていて・・見づらくてすみません

new_IMG_1071.jpg


これが実際眼の中に入れるシリコンボール。
サイズもいろいろあり、その子の眼の大きさに合わせて選択します。new_IMG_1075.jpg
new_IMG_1076.jpg


手術が終わった後・・
ワンちゃんはまだ寝ております。
new_IMG_1079.jpg
*血が苦手な方はごめんなさい・・

この子は長く緑内障という眼の病気を治療しておりましたが、管理が困難なため、眼の痛みをとるためにこの手術を行うことになりました。
実際に眼を取るわけではなく、外から見た感じは顔つきなどもあまり変わりません(^_^)




日々思うことですが・・・

難しい病気になったとしても、この子の運命だからしょうがない・・
と諦めるのではなく、少しでも楽で心地よい生活を送らせてあげるために、我々が出来るがあるのであれば、その子の幸せのためによりよい方法を選択してあげることが本当の愛情なのではないかと思うのです。

「無理に長く生かす」のではなく、「たとえ少しだけ人生が短くなったとしてもより幸せな生活を過ごせるか」
ですよね!


その場に留まることは楽ですが、、新しいことを常に吸収してよりよいホームドクターになれるよう頑張って参ります♪
日々是勉強です(^_^)






ペットマッサージ教室!
皆様こんにちわ。3連休いかがお過ごしでしょうか?

当院は祭日も関係なく、いつも通り診療を行っております(^_^)


さてさて、、

昨日、以前からずっと温めてきた企画♪
「ペットマッサージ教室」をやっと開催することが出来ました!


手作り感たっぷりのチラシ(笑)
new_IMG_1060.jpg


第一回目の参加者は3名。
ポメラニアンのりくちゃん・トイプードルのポコちゃん・ポメラニアンのシャルルちゃん

最初はやや緊張気味の様子でしたが・・

new_IMG_1051.jpg



簡単な講義の後、マッサージの練習に入るとやっとみんなリラックスモードに入った様子☆

ちなみにこの子は講師のワンちゃん、ぽち郎くん
なんとも気持ちよさそうな顔♪

new_IMG_1052.jpg



シャルルちゃんもうっとりした顔つきです♪

new_IMG_1054.jpg



最後にはみんな仲良し(^_^)
とってもいい子ばかりでした!


new_IMG_1058.jpg



まだ始まったばかりの企画ですが・・皆様の楽しそうなお顔を見ることが出来て、私もとても嬉しくなりました!


今回の教室は日曜日の開催でしたが、平日・夜間など皆様のご希望をお聞きしながらどんどん開催していく予定です(^_^)


尚、当院の患者様でなくても、ペットマッサージだけの参加も大歓迎です!
また、今後ネコちゃん向けのマッサージ教室も行う予定です。
(ネコちゃんってマッサージ大好きですよね♪)

また、ご不安な方はお友達と一緒の参加もOKですので、お気軽にお問い合わせ下さい。



《ペットマッサージ教室》

 内容:正しい扱い方・マッサージの方法・アロマのいろは・その子に合わせたアロマの調合とマッサージ方法など・・
    講師がいろいろお話を伺いながら、その子一人一人に合わせたマッサージ方法・アロマをカスタマイズします。
 
 日程等:全4回・月1回
     1回2000円 60〜90分間



*最後の会まで、同じ組になったワンちゃん・ネコちゃんと一緒になります。
 4回の講座をすべて受けて頂くと講習が終了しますので、ご自身が日程を調整しやすい
 曜日・時間帯をお選び下さい!


突然後ろ足が動かなくなりました・・
先週の木曜日、ミニチュアダックス「アトム」ちゃんが来院。

前日の夜、キャンと鳴き声をあげた後から突然後ろ足が全く動かなくなってしまったということ。。


検査をしてみると両後肢は完全に麻痺・・椎間板ヘルニアが疑われました。


飼い主様とよく相談した結果、まずはMRI検査で状態を確認。
結果、画像では腰椎の1カ所に重度の神経圧迫が認められました。


症状・画像の所見から、内科治療での回復は非常に難しいと考えられたため、翌日手術を行いました。
(術前の動画を撮ろうと思っていたのですが・・忘れてしまいました(-_-;))


ちょっと体格がいい子だったこと&癒着(椎間板が神経にくっついてしまっていること)があったこともあり、手術はやや時間がかかりましたが、徐々にながら改善が得られております(^_^)

毎日リハビリを頑張っています!
new_IMG_0609.jpg


やっと後ろ足で体重を支えられるようになりました☆
new_IMG_0612.jpg


真面目な顔つき!!
new_IMG_0614.jpg



歩けるようになるにはもう少し時間がかかりそうですが、、
リハビリを続けて元の生活が送れるよう頑張ろうね♪


性格もお顔もとっても可愛いアトムちゃん

new_IMG_0617.jpg





*以前にも書いたことがありますが・・改めて
椎間板ヘルニアとは

・背骨の間にある椎間板物質がつぶれて、上を走っている神経を圧迫する状態です。
 圧迫をうけた神経から後ろの臓器は麻痺を起こし、歩けなくなったり尿が自力で出なくなってしまいます。


hernia-dangerzone.gif


・この病気は、特にミニチュアダックスで有名ですが、他の犬種でも多く発生します。
 また老齢犬でなくとも、若い年齢でも起こる怖い病気です。

・太らせないこと、段差などを気をつけてあげること、など気をつけてあげることは多々ありますが、
 正直なところどんなに気をつけてても起こってしまうことも多いのです・・・

〜症状〜

☆歩き方がおかしい
☆運動を嫌がる
☆前足の痛みや麻痺(頚椎付近のヘルニアの場合)
☆胸部の痛みや麻痺(胸椎付近のヘルニアの場合)
☆後足の痛みや麻痺(腰椎付近のヘルニアの場合)
☆首から下の痛みや麻痺(頚椎付近における脊髄圧迫)
☆シッフシェリントン現象(第二~第四腰髄, 後肢の麻痺+前肢の伸展姿勢)


この病気を治療するにはスピードがとても重要です!
一生歩けない、車いすの生活になってしまう・・あまりにも可愛そうですよね。


これらの症状が愛犬に認められたら、すぐに病院を受診して下さいね!!



最新の「タッチ」くん
こんにちわ。


ご存じの方も多いと思いますが、当院のアイドル猫「タッチ」くん
最近、ますますわがままっぷりを発揮しております。


食べ物を探して病院内を徘徊・・(もちろんご飯はきちんと与えております(-_-;))

看護師をしつこくストーカーし、遊べと絡む毎日。
new_IMG_0926.jpg


見た目がとっても可愛いだけになんとも扱いに困る・・
いたずらして院長に怒られると、すぐに優しい看護師の方へ助けを求めて駆け寄り可愛らしくアピール。。



こんなので必死に隠れているつもりでしょうか・・

new_IMG_1013.jpg



先日、院長の実家犬が遊びに来た際は「猛烈な遊んで攻撃」・・・

犬・・必死に逃げております。
new_IMG_0944.jpg




ま、彼のおかげで病院内がいつも笑いに満ちております(^_^)

皆様、お立ち寄りの際はぜひ彼と遊んであげて下さいね♪


顔がぱんぱんに・・
久しぶりの更新です・・ごめんなさい。

本日は、以前から続けている川口の夜間救急病院の勤務の日です(当院の患者様の中にも受診された方がたくさんいらっしゃると思います)

今日いらした患者様であまりに可愛い子がいたのでご報告♪

突然顔が腫れてしまったという3才のコーギーさん


鼻先がぱんぱんに赤く腫れて・・見るからに痒そう(>_<)
new_IMG_1040.jpg

不謹慎ですが・・ちょっと可愛いお顔です☆
new_IMG_1041.jpg


原因は定かではありませんが、症状からアレルギーと診断。
腫れを引かせる薬を使ったところ、しばらくして症状が落ち着いてきました!


〜ここでアレルギーについてちょっと説明〜

ワンちゃんに多いアレルギー症状

・顔が腫れる
・脇やお腹などに発疹(蕁麻疹)が出来る
・身体を痒がる
・吐き気や下痢などの消化器症状
・元気がない


多くの場合、適切な処置を早期に行えば症状はすぐに改善し、大事に至ることはありません。
しかしアレルギー症状は全身性の疾患であるため、元気に見えても内臓の傷害から中には命に関わる場合もあります・・

また、アレルギーの多くは原因が特定できない場合も多いため、上記の様な症状に気づいた際は早めに病院を受診し、適切な治療を行いましょうね!!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。